お中元のマナーを正しく知ろう

日頃の感謝を伝えたいという方に送るお中元には、品物を贈る時期やのし紙の書き方などの細かいマナーがあります。せっかくの贈り物もマナーを疎かにしてしまうと相手に不快感を与えてしまう恐れも出てくるので、きちんと基本知識を身につけて相手に感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。お中元は元々中国の風習であり、7月15日の中元には祖先を供養する日といわれていました。この習わしが日本に伝わり仏教の風習と混ざることで、お盆にはお世話になっている人に感謝の気持ちを伝える品物を贈るという行為に変化しました。

実際にお中元を贈る際の重要なマナーの一つに贈る時期がありますが、地域によって贈る時期が異なるため相手の住んでいる場所に合わせて贈る必要があります。北海道であれば7月15日から8月15日頃で、関東から東北にかけては7月初旬から7月15日、東海と関西、中国と四国では7月中旬から8月15日、九州では8月1日から8月15日となります。北陸と沖縄は特殊となっており、北陸の場合は地域によって贈る時期が異なるので事前にチェックする必要があることや、沖縄は旧暦の7月15日前後に贈るしきたりがあります。そして贈り物の値段の相場は、相手との関係性を考えます。

親や親戚などの間柄なら3、000~5、000円が相場となりますし、特にお世話になったという方や仕事の関係で贈る場合は3、000~10、000円ほどです。あまり高価すぎる品物は相手に気を遣わせる原因となるので気をつけるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です