地域によって異なるお中元を贈る時期

お中元は、一般的に7月初旬から7月15日頃にかけて贈るとされていますが、実は地域によって贈り物をする時期が違います。遠方に住んでいる親戚や知り合い、お世話になった方へお中元を贈る時には、お中元を贈る時期が違う場合があるので相手の住まいに合わせた時期に贈ることでさりげない心遣いを演出したいものです。お中元の時期は、北海道から沖縄まで地域ごとによって違いがあり、大まかに言えば関東と関西で1ヶ月程度違います。東北・関東地方は7月1日から15日の期間、北海道・東海・関西・中国・四国地方は7月中旬から8月15日までと認識されていますが、年々時期が早まっている傾向があります。

九州地方は、全国のどこよりも遅く、8月1日から15日までが一般的です。北陸地方は、贈る地域によって時期に差があるので、注意が必要です。新潟県や石川県金沢市では7月1日から15日までですが、富山県や石川県能登町などでは7月15日から8月15日に贈ることが多いです。時期は贈る相手によって差があるので、事前に確認するとスムーズに準備することができます。

相手に事前に確認するのが難しく、贈る時期に悩んでしまった場合には、7月15日を目安にお中元が到着するように手配するのが無難です。沖縄県は、ほかの県とは少し事情が違います。旧暦の7月15日頃にあたる旧盆の3日間がお盆となっているので、この期間中に贈るのがマナーです。毎年日付が変わるため、旧暦カレンダーでお盆の時期を確認してから手配することをおすすめします。

お中元のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です