お中元の渡し方や起源について

お中元は現在は宅配で贈ることが殆どですが、特にお世話になった方なら相手の都合を伺ってから持参して直接お礼を伝えた方が良いです。ただ、互いに忙しいので購入してから配送してもらう方が主になっていて、この場合も別便で送り状を出すのがマナーです。贈り物はより良い人間関係を築くためのコミュニケーションアイテムでもあり、マナーやエチケットに反してないなら必要以上に形式や風習を気にする必要はないです。最も大切なのは伝えたい気持ちに適格で相手に喜んでもらえる物を選んで贈ることです。

今のお中元は日ごろからお世話になっている方や、仕事での付き合いがある方へ対し感謝の気持ちを品へ託して贈る季節の挨拶となってます。また、遠方に住んでいてご無沙汰になっている方への挨拶も兼ねて交流を深める目的もあり、儀礼的なお中元もありますが、最近では若い人を中心に欧米のように個人的なギフトとして定着してきてます。他のギフトと違い贈る時期が決まっていて6月下旬から7月15日までに贈るのが一般的ですが、旧盆の習慣がある関西だと1ヶ月遅れで8月15日までに贈ります。大切なのは相手への思いやりで相手の習慣に合わせるのが一番です。

贈った相手にはお歳暮も贈るのがマナーで、両方を贈るときにはお中元で贈った物よりもお歳暮の品の値段をやや高めにします。どちらか片方だけする場合は、1年間の感謝の気持ちを込めてお歳暮だけ贈ります。お付き合いしている方全てだと、毎年その数が増えてきて経済的な負担も増えますし、義理だけなら自分も相手も負担です。自分らしいお付き合いの方法を考えることも大切です。

お中元のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です