お中元で感謝の気持ちを表そう

お中元とは日頃からお世話になっている方に感謝の気持ちを表すために、夏に品物などを贈ります。ただ単に夏に品物を贈れば良いというものではなく、地域によってお中元を贈る時期が異なるので注意が必要です。例えば関西では7月中旬~8月15日の間に贈りますが、東北や関東では7月初旬~7月15日に、九州では8月1日~8月15日に贈るのがマナーとなっているので、転勤などで全く別の地方へ行く場合には気をつける必要があります。普段からお世話になっている相手に感謝の気持ちを表したいからという理由で、お中元に数万円程度の品物を贈る行為は、相手が気をつかってしまう事もあるので、お勧めできません。

一般の相場として、友人や親戚などの場合は3000円程度で、会社の上司などの場合は5000円程度です。どんなに高くても1万円以下でおさめるのが相当で、百貨店などのカタログの品物でも世間一般の相場で、それなりの物が購入出来るようになっています。相手の生活状況や好みを把握していると、喜びそうなものを選べる可能性が高くなるので、普段からのコミュニケーションが大切です。お中元にはのし紙というものがつきもので、直接相手に手渡す場合は、包装紙で品物を包んだ上からのし紙を巻き、宅配便などで郵送する場合は、破れるのを防ぐために品物の箱に直接巻きます。

お中元は本来は相手に直接手渡す方が感謝の気持ちを表す事が出来て良いのですが、最近は宅配便などで郵送する事が主流となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です