MVNOのメリットとデメリットとは
バナー

MVNOのメリットとデメリットとは

MVNOとは、格安でスマートフォンの通話・ネット回線を利用できるサービスを提供する会社を指します。
格安SIMという言葉をご存じの方もおられるでしょう。この格安SIMを提供しているのがMVNOです。

SIMとは携帯電話、スマートフォン中に刺して利用者の身分を固定するカードのようなものです。
長方形のカードの一角が途切れており、中に金属板が装着されたあのカードです。

MVNOで契約し、格安SIMを端末に刺すだけでスマートフォンの利用料金を節約出来ます。

格安とは利用料金を指している訳です。

契約についてはインターネット上で行います。MVNOサービスを提供する会社は複数あり、契約プランも様々です。
以上基本を押さえた上でMVNOのメリットとデメリットを見ていきましょう。

MVNOのメリットとは、第一に料金です。
大手携帯電話会社(キャリアといいます)では毎月の料金が6000円程度かかる事に対し、MVNOでは1800円程度です。


2GB以下の同じサービスで比較しています。

通信料が増えると更に差が拡大します。キャリアでは平均7000円に対し、MVNOでは2300円程度です。キャリアと比較し、1年あたりの節約できる金額を計算すると小さい金額ではないとわかるはずです。
これが料金によるメリットです。

大手携帯電話会社には、契約期間に縛りがある事がほとんどです。

MVNOにはありません。

期間による違約金を支払わずに済みます。

契約解除の時期をネットなどで調べる手間もかかりません。



自由に端末の選択ができる点もメリットです。


欲しい端末を手頃な値段で購入し、対応した格安SIMで契約する事ができます。
他にはプランが豊富な事、契約までがスムーズに進むといったメリットもあります。



MVNOのデメリットで第1に挙がるのはキャリアメール(大手のメール)が使いづらい事です。

長期的に大手携帯電話会社と契約していた場合、その人にとって使い慣れたメールアドレスとなっている場合がほとんどです。

1つのメールアドレスをそのまま長く使い続けていた訳ですから、いきなりメールアドレスを変更すると、相手方への連絡などで手間がかかります。

これはデメリットです。

MVNOでもそのままキャリアメールを使う方法もありますが、特殊な条件と料金がかかります。



使えない端末があります。


全てのスマートフォンに対応しておらず、知らずに使えない端末を購入してしまうと無駄なコストです。しかしこれは事前に調べておくことで回避可能です。

大手携帯電話会社のサポートを受けられない点もデメリットです。

急な故障、設定トラブル時に駆け込む店舗がありません。


現在はサポートに力を入れている会社も増えていますので、不安な方はこういった会社と契約するとよいでしょう。以上がMVNOのメリットとデメリットです。
これらを踏まえた上で、節約重視の人は格安SIM一択、キャリアメールや確実なサポートが必要な人は大手キャリア、その他の人はケースバイケースで選択すると良いでしょう。