MVNOが普及した背景には通信費の安さがある
バナー

MVNOが普及した背景には通信費の安さがある

ニュースで取り上げられたり、乗り換えを勧めるCMなどを見たりと、最近よく聞くようになった格安スマートフォンは、従来の3大キャリアとは異なる事業者が展開しています。
その事業者のことを仮想移動体通信事業者といい、英文の頭文字(モバイルバーチャルネットワークオペレータ)をとってMVNOと呼ばれています。


しかしMVNOとは何なのかまだ十分に理解が進んでいない部分もありますので、従来の携帯キャリアとの違いや利用料金の差、サービス展開やサポート体制など、格安スマートフォンを契約する前にしっかりと抑えておくことが重要です。

格安スマートフォンはそもそもなぜ安いのか、その理由は通信事業者がどれだけコストをかけているかの違いによります。

大手キャリアの3社は自社で通信網を整備しており、それらの維持管理費が大きな部分を占めています。

また全国に展開している販売店の運営費や人件費、広告宣伝費なども発生しており、その分が利用者の通信費用に上乗せ絵されているものと考えて良いでしょう。



ただし、その利用料金に見合った手厚いサービスやサポートが受けられること、キャリア独自のメールアドレスが持てること、継続して利用することによる割引などが受けられることなどで根強いファンも多く獲得しています。大手キャリアにはそれだけのブランド力があるともいえます。

一方で格安スマートフォンは、利用料金の圧倒的安さを武器に徐々にシェアを確保しています。



格安SIMとセットとして販売される格安スマートフォンを取り扱っているMVNOは、総務省の指導によって推進されたスマートフォンのSIMフリー化によって拡大してきているとも言え、今後もその流れも継続していくことと見込まれています。


格安SIMを提供しているMVNO事業者と契約することで、これまでの大手キャリアで利用していた場合と比較すると、半額以下に抑えることもできる可能性もあります。



プランによっては2、000円以下という低料金の契約もありますので、初めてスマートフォンを手にする人からも人気があります。

これはスマートフォンのユーザーにとって嬉しいことで、高騰化が激しいと言われていたもスマートフォンの通信コスト大幅に圧縮できることにつながりました。
家族で複数台を所有する場合や、高齢者の方などのライトユーザー層にも広まりを見せており、大手キャリアと十分に比較対象となる信頼性も高まってきているものと見られます。
もちろんデータ通信の品質も大手キャリアの通信網を利用しているため安定しており、通信可能エリアも広いため、通常のユーザーがSNSの利用をしたりインターネットのサイトを閲覧したりするなどの使用方法ならば、ほとんどの場合大きな問題はありません。

充実したサービスやサポート体制に関しては大手キャリアに軍配があがるものの、利用料金が低いという観点においてはMVNOを積極的に選ぶというのも良いでしょう。