主要キャリアからMVNOに乗り換える前にすべきこと
バナー

主要キャリアからMVNOに乗り換える前にすべきこと

最近になってMVNOと呼ばれる事業者が出てきたことで安く携帯電話を利用することが当たり前になりつつあります。


サービスも向上されており、それまで少し尻込みをしていた人も積極的に検討を始めています。

そんな中で何も考えずに主要キャリアからMVNOに乗り換えようとする人が結構います。

実はMVNOに乗り換えることで今まで使っていた端末が使用できないことがあり、それを乗り換えてから気づいて大変なことになる場合もあります。



そのため、乗り換える前に何を確認して何をするべきかを頭に入れておくことをおすすめします。

まず今まで使っていたキャリアメールが使えなくなります。

特にメールアドレスを今まで変えてこなかった人にとってはメールアドレスの変更を伝えなければならないため、それが案外大変です。

他人からのメールアドレス変更に関するメールをスルーしてきたような人には死活問題であり、そのあたりの対策が必要です。


キャリアの契約を残すこともできますが、フリーメールへの乗換えがおすすめです。



フリーメールは簡単にアカウントが作成できるためすぐに用意できます。

これならパソコンでもスマートフォンでもメールの確認が可能です。意外と大変なのがキャリア決済ができなくなることです。
電話料金と一緒に請求してもらって払っていたものがMVNOに乗り換えることでできなくなります。

クレジットカードがない人でもできたため、クレジットカードを持たない人には大変な状況ですがプリペイドカードで代用するのも1つのやり方です。その都度チャージして買っていくため、多少手間はかかるものの使いすぎを防げることを思えば子供に携帯電話を持たせる場合におすすめです。

クレジットカードを登録するとどんどん課金されますが、その心配もなくなります。
MVNOに乗り換える際に発生してしまうのが不通期間です。

電話そのものが通じなくなるため、契約に手こずれば緊急の電話を受け取れずに大変な事態を招いてしまいます。

このため事前に変更することを周囲の人に伝えておくことが必要であり、緊急連絡先としてフリーメールを伝えておくことや無料通話アプリのIDを教えておくことも大切です。

Wi-Fi環境さえあれば、通話アプリでのやり取りは可能です。


もしなんかあればそのアプリでやり取りをしていけば、不通期間を乗り越えられます。

デメリットということではなく、物理的に使えなくなる場面が色々と出てきてしまうために事前にそうした対応をしなければなりません。

ただいずれも簡単に準備ができることであり、注意さえ怠ることがなければ周囲の人にMVNOへ乗り換えたことがわからないような形でやっていけます。電話番号を変えずに乗り換えることもできるため、今よりもさらに利用料金を圧縮したい人にはぜひともおすすめです。

あとはSIMロックやSIMカードの選択肢などに注意して、自分にあったMVNOを探していけば大丈夫です。