バナー

既存キャリアとMVNOの違い

第4のキャリアが生まれることが発表されましたが、同時にMVNOについても関心をもつべきです。

そうすることで幅広い選択肢を持つことができるようになるでしょう。

総務省の発表では人口に対して100%を超える所有率があるのが携帯電話になっており、これはもう必需品であることの証明ができるでしょう。
だからこそ利用しやすさを求めるために、MVNOに興味を持つことをおすすめします。


これこそが選択肢を広げる存在になるでしょう。


MVNOとは仮想移動体通信事業者と呼ばれている存在であり、主に格安スマートフォンやSIMを販売している会社になります。
利用プランも提示していますが、これらの会社自体が通信インフラを持っていません。

通信インフラに関しては、既存のキャリアからレンタルをしている状態であり、だからこそ仮想移動体という名称がついていることが想像できるでしょう。

どこのキャリアの通信インフラを借りているのかで利用方法が変わってくることになりますが、基本は今までよりも格安になるのは間違いないと言えます。キャリアを利用している人が多いからこそ、MVNOに興味を持つことによって携帯電話の利用が変わってきます。
主に料金が変わってくると考えてください。

利用する方法やデータ量によって変わることになりますが、すべての人が減額、多い人で半額から3分の1の料金になることもあります。お得な利用料金で携帯電話を持つことができるようになるでしょう。
その存在こそがMVNOです。



なぜそこまで利用料金を下げることができるのかというと、それは通信インフラ整備の違いになります。
MVNOは既存キャリアの通信インフラをレンタルしていることによって、独自で用意する必要がありません。

もちろんレンタル費用を支払って運営していますが、実際の店舗はキャリアに比べてそれほど持っておらず、ほとんどがインターネットを経由して契約をする方法になっていることから運営費が掛からない営業を行っていますので、その分を利用者に還元できるようになりました。
これこそキャリアよりも安くなる最もな要因になっています。

ただしいろいろと違いが出てきますので注意しておきましょう。

いままで使用していた電話番号や使えなくなってしまったり、SMSを利用できなくなることもあります。

キャリアと決別をすることになりますので、もちろん今まで使っていたメールアドレスを利用することはできません。
このような点には十分気を付けてMVNOに切り替えるようにしましょう。安くなる半面、いろいろと知っておかないといけないことも多くなるのが、MVNOへの切り替えになっています。ただしその恩恵として利用料金が格安になりますので、いままでキャリアの料金に関して高いと感じていたのであれば、このときこそ切り替えのチャンスになるでしょう。



MVNOの存在を知ることによって、携帯電話の使い方が劇的に変わることになります。