バナー

クレジットカードがなくても契約できるMVNO

MVNOのデータ通信サービスは非常に安価であるため、スマートフォンやタブレットを安く運用したいという人に強くおすすめができます。

MVNOが格安料金でサービス提供ができている理由の一つとしては大手携帯キャリアに比べて実店舗の展開数が少なく店舗の運営にかかる人件費などのコストがかかっていないことが挙げられます。


契約は主にインターネット経由で行い、決済方法については原則クレジットカード支払いのみとなっているのが現在のMVNOの主要な契約の流れとなっています。

クレジットカードを保有している人であればMVNOとはなんの問題もなく契約ができますが、クレジットカードを保有していないという場合や毎月の定期支払いにクレジットカードを利用することに抵抗があるという場合にはMVNOと契約したいという意思があっても契約が難しいという実情があります。



しかしながら何社かの主要なMVNOではクレジットカード支払い以外の支払い方法にも対応しているので、そうしたMVNOを選択することでクレジットカードがなくても格安SIMの利用が可能となります。

多様な支払い方法があるMVNOとして高い知名度を誇るのが楽天モバイルです。



楽天モバイルではクレジットカード支払いの他、口座振替での支払いにも対応していますしデビットカードでの支払いにも対応しています。
さらに楽天スーパーポイントを毎月の格安SIM料金の支払いに充てることもできるので、コンビニなどでたびたび実施されている楽天スーパーポイントがお得に購入できるキャンペーンなどを利用すると毎月の料金支払を更にお得にできます。



楽天モバイル以外のMVNOでいいますと、auのサブブランドであるUQモバイルでもクレジットカード以外の支払いに対応しています。UQモバイルでも口座振替での支払いに対応しており、インターネットから申込みをする場合でも実店舗で契約する場合でも口座振替支払いを希望して手続きが行なえます。
一方でインターネット経由で口座振替支払いとする場合には別途UQモバイルから送付される口座振替依頼書に記入と捺印をして返送する必要があるなど若干の手間がかかる点に注意が必要です。

同じくauサブブランドであるBIGLOBEモバイルでも口座振替での支払いに対応しているのでこちらも有効な選択肢の一つとなります。

但しBIGLOBEモバイルは全てのプランで口座振替支払いに対応しているわけではなく、データSIMのみが口座振替支払いに対応しています。

音声通話対応SIMはクレジットカード支払いのみとされているので、契約の際には十分に注意しておくことをおすすめします。
独自の支払い方法が設定されているMVNOとしておすすめなのがLINEモバイルです。LINEモバイルではLINEpayカードでの支払いに対応しているのでクレジットカードやデビットカードや銀行口座がなくても契約ができます。

LINEpayカードは審査不要で発行されるプリペイドカードでありコンビニなどからチャージができます。